読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡手段のプロトコル

 今日もぼんやりと考えてみました。

 

 「連絡するよ!」って言ったときに手段がわからないと、実にあいまいなものになるのだなとぼんやり。

 

 今の今思いつく連絡方法を列挙してみます。

・郵便

・電話

・のろし

・手旗信号

・電報

・ファクス

・e-mail (最近は誰もが複数アドレス持っているので、どれにと決めないといけない)

・携帯のショートメッセージ

Skype

・LINE

Facebook Messenger(Facebookを辞められない理由はこれにあります)

TwitterのDM

カカオトーク

・ポケベル → サービス終了しているはず

・etc, etcまだまだあるはず

 

 スマートフォンに依拠したものであれ、アナログに依拠したものであれ、お互いにどのやり方で連絡するのか分からないと困るなって話ですが、リストしてみるとこんなにあるんだなと。お互いのプロトコルを合わせないと通信ができないんだな、これだけ色々あるんだから。3wayハンドシェイクは人間もやらないとならない作業なんですね。

 電報なんかもう結婚式でしか出てこない通信手段だし、廃れていくサービスもあるはずで、今後のデファクトが何になるのか、ぼんやり考えるには(ぼんやり話してみるネタとしては)、ちょうどいい話なのかなと思います。ポケベル使ってた世代としては、あーいうのあったねーと。

 個人的にはLINEグループでのトークが面倒だなと。距離をいかに図ってメッセージを飛ばすかとか、悩むのって結構時間の無駄で、悩ましくて。

 書き終わって、今更ながら、文通とかしてみたいなとアナログなぼやぼやは思います。メル友でもいいや。